ワセリンで安全スキンケア【乾燥対策にピッタリなアイテム】

赤ちゃんのスキンケア

手

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はしっかりケアしてあげる必要があります。大人と比べると免疫力が低い赤ちゃんは、肌の構造も十分に整ってはいません。生後2ヶ月以内は肌内部の水分を保つための働きが活発なので、乾燥よりは脂漏性湿疹に注意することが大切です。皮脂多く分泌されるようになるため、2ヶ月以内の赤ちゃんにワセリンを使用することは出来るだけ避けると良いでしょう。しかし2ヶ月を過ぎる頃には皮脂の過剰分泌が抑制され始めるため、そのタイミングで保湿ケアへと移行することが最適です。ワセリンの原料である石油は、そのままの状態だと刺激が強い成分だと言えます。しかし精製を繰り返すことで純度の高いワセリンが出来上がり、赤ちゃんの繊細な肌に使用出来るほどの安全を保てるようになるのです。一般的なワセリンを購入することも悪くありませんが、安全性の高さに注目し、ベビー用の商品を探してみることも最適です。

赤ちゃんの肌を丁寧にケアするなら、常に清潔な状態を保てるように気を付けてあげましょう。皮脂や汗はかぶれ・湿疹の原因になることもあります。体温が高めの赤ちゃんは汗をかきやすく、こまめに拭いたりお風呂に入れたり、入念なケアを行なう必要があるのです。ベビー用のローションなどで丁寧に保湿した後にワセリンを塗り、その上からベビーパウダーなどを軽く乗せることで、さらさらの肌を保ってあげられます。人気があるワセリンは種類が豊富ですが、純度の高さでより優れている商品を選ぶのがポイントです。