ワセリンで安全スキンケア【乾燥対策にピッタリなアイテム】

ワセリンの種類

クリーム

ワセリンと言っても世界中の製薬メーカーなどで製造されています。商品名は異なっていても、不純物の含有量や純度によって「黄色ワセリン」と「白色ワセリン」の2つに分類されるケースがほとんどです。黄色ワセリンは不純物が多いため、肌が弱い人の保湿ケアには向かない場合が多く、時には肌トラブルを悪化させてしまうことも考えられます。しかしコストパフォーマンスに優れていて、身近な場所で購入出来るという手軽さが特徴です。肌に合うことを確認した上で使用すると良いでしょう。白色ワセリンは純度が高く、黄色に比べると不純物の含有量が少なくなっているものを指します。アトピー性皮膚炎のケアなどに利用されることも多く、医療機関でもその姿を見ることが出来ます。

保湿効果のあるワセリンを購入する前に、商品の質を確かめることが重要です。安全性を求めるなら、白色ワセリンに注目してみることが最適でしょう。更に純度が高い商品もありますが、価格は高くなります。ただし白色ワセリンでも肌が荒れてしまうという人は、より純度の高いアイテムを利用する必要があります。純度が高いということは不純物が少ないということです。その分肌への刺激になるリスクが低くなるため、敏感肌の保湿には最適なケアになります。純度が高くなると薬局などで見つけることも困難になりますが、薬剤師の居るドラッグストアなどで扱われていることが多いので、確実に購入したいのであれば事前に問い合わせてみることも悪くないでしょう。